KEIBA LIFE

サイトトップ>予想の基本理念《4つの予想要素》

能力》+《体調》+《展開》+《適性》が予想の4要素

予想基本理念

4つの予想要素
特技・《相馬眼
予想組立のヒント・・色々

site map

 

 

 

 
 
『KEIBA LIFE』は《馬の体調・能力》を”観る”エキスパートです。


4つの予想要素

”競馬”を楽しむ上で世の中には、ほんとに様々な予想方法があります。

○○理論・××法・▲▲指数・・・・etc。

ちなみに”出目予想”なるものは、《競馬》を予想するというのではなく、《馬券》を予想する・・という感じですので、ここで対象とするものとは、ちょっと分類が異なると思いますので、お気をつけ下さい。(^_^;)

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

一見すると”競馬を予想する”ということは”なんでもあり”の”とっても複雑なもの”と感じてしまう方も多いようです。

実際に私の周りにも、”とにかくこの馬も・・あの馬も来そうだ・・”という気持だけで、馬券を沢山買っている人物がいますが・・それでは、結局は「競馬に勝つ」こともできなければ、本当の意味で「競馬を楽しむ」こともできません。

ぜひ、《予想の基本要素》を心にとめて楽しい競馬生活を送ってほしいと思います。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

どんな”予想理論・方法”であっても競馬検証する要素は次の4要素なのです。

 

□馬の能力判断

□馬の現在の体調(馬体と心)判断

□レースの展開(流れ)判断

□適性判断(馬場適性・距離適性など)

 

沢山ある予想方法も、結局のところ上記の要素のどれかに特化した検証なのです(もしくは全要素を判断)。基本的に安定した【予想】を創るには、4要素を全て検証しなければいけません。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

それでは、各々の要素について触れてみましょう。

 

□馬の能力判断

 

馬の『競争能力』についての判断です。ここで注意しなければならないのは下記の2点です。

 

・純粋に【走る】能力について検証するということ。

つい他の要素(距離適性や血統)も考慮しながら検討してしまいがちですが、それではいけません。

 

・【相対評価】とすること。

能力判断というと、「絶対評価」と思いがちですが・・競馬に必要なのは他の馬との【相対評価】です。

 

判断方法としては、通常3つの方法があります。

・【レイティング】の活用

・【過去の成績】の比較(競馬新聞の馬柱など)

・【自分の馬を見る目《馬相眼》】による判断

 

「レイティング」等に関しては馬の能力を指数表示することで判断をすることが基本です。この方法は多くの方が利用しやすいのが利点です。

代表的なものとして・・

馬券生活者 木下健

○○○

などとても参考になると思います。

 

「馬を見る目《馬相眼》」については、後述していますのでそちらを参照ください。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

□馬の現在の体調(馬体と心)判断

 

レース時の『馬の体調・状態』に関する判断です。

馬券を的中させることを考えれば《レース当日》の状態判断を最優先としてその他、《調教時》の状態判断を対象とします。

注意する項目としては下記の2点です。

 

・対象の馬についての【絶対評価】とすること。

ここはあくまでも、対象馬について「絶対評価」をすることが大切です。レースに参加する他馬と比較して判断してはいけません。

 

・【身体】と【心】と【バランス】について状態を判断

馬の体調・状態判断・・というと「身体」についてのみ考えがちですがそれだけでは足りません。

「心の状態」と「パランス」についても同様に検証が必要です。

*詳細については後述《馬相眼》のコラム参照

 

この「馬の状態判断」に関して、正しい情報を得ることはなかなか難しいというのが現状です。

大別すれば・・

・【競馬予想家】【競馬解説者】の判断を得る。

・【各種メディア情報(新聞)】を活用。

・【自分の馬を見る目(馬相眼)】による判断。

という感じでしょうか。

 

ここでは詳細には触れませんが・・本当の意味で「馬の状態」が判断できるという人は、数多くの情報源の中で2割以下(多目に見積ってです(^_^;))ということを心にとめておいてください。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

□レースの展開(流れ)判断

 

別の言い方をれば、レースのシミュレーションをするということです。展開を想定する上で手順ポイントとして下記のとおり。

 

・【逃げる馬】を見きわめる。

該当レースにおいて、どの馬が逃げるのか・・を想定します。検証要素としては・・

○厩舎関係者の情報(新聞)

○最初の3ハロンの時計(過去のレース検証)を比較して、もっともスピードのある馬を選択。

○枠順検証・・基本としては、内枠有利

 

・【レースのスピード】を見きわめる。

いわゆる、「早い流れ」なのか「遅い流れ」なのかを想定。

最も単純な考え方としては”逃げ馬候補”が少なければスロー・多ければハイペースと判断。

 

・【4コーナーでの上位5頭程度】を想定。

ここまで、想定することにより・・《逃げ・先行馬》が勝つのか、《差し・追い込み馬》が勝つのを判断します。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 

□適性判断(馬場適性・距離適性など)

 

ここでいう《適性》とは下記の項目です。

 

・【競馬場別得意・不得意】

・【芝・ダート別得意・不得意】

・【良馬場・不良馬場の得意・不得意】

・【レース距離適性】

この適性を判断する方法としては、《血統検証》がもっとも一般的と思います。その他《過去の実績評価》《馬体の検証》というところでしょう。

 

《血統検証》としては、下記のサイトがとても参考になると思います。

 

IK血統研究所

○○○