KEIBA LIFE

サイトトップ馬券の種類>馬券の見合せ1

【補完】できる馬券種類

馬券の買い方



馬券の種類
馬券の組合せ1
馬券の組合せ2
新馬券【3連単】
site map
 

□前日予想をする上での

馬券の買い方は、下記を参照してください。

●○前日予想○●

 

【調教診断情報】

馬券検討に欠かせない、大切な要素として、【馬の状態把握】があります。

ここでは、調教内容を検証の上、状態が良いと判断できる馬を、ピックアップ。

好状態のおすすめの馬を、お伝えします。

バウムの《調教診断》

 

 

 

 

 

 

 

 

【馬券の組合せ方1】

競馬の基本はあくまでも、『勝つ馬』を当てること・・そう、【単勝】馬券が原点です。

このことは、《予想の基本理念》で説明していますから、そちらも参照してください。

ここでは、馬券の特性について話しをしたいと思います。この7種類の馬券には、お互いに《相性》があって、分類すると・・

【補完関係】 【増幅関係】 【非協力関係】

があります。簡単に概要を説明すると、次のようになります。

■補完関係

・この組合せで馬券を購入するのが基本です。

・リスク軽減も期待できる組合せです。

 

■増幅関係

・上手くいけば、高利益が期待できる組合せ。ただし、全ての馬券がはずれるリスクも高くなるので、本当に自信があるレースにのみ実行する馬券の組合せです。

 

■非協力関係

・購入しないほうがよい組合せです。

・ただ、当てたいがために、いろんな馬券を購入してしまうときの典型的な組合せです。

 

それでは、具体的な組合せの種類とともに、それぞれの購入タイミングなどを詳細に説明していきたいと思います。(*^^*) 

 

 


【補完関係】

◆《単勝+複勝》    おすすめ度[■■■■■]

 

年間を通じての馬券生活にて、基本にすべき馬券組合せです。

短期というより、年間を見定めたときに、『的中率』と『利益』が最も多く見込める(安定的に)勝負馬券ですね。

いくら”勝つ”と自信がある馬がいたとしても、競馬にはアクシデントが付き物です。狙った馬が勝てなくとも、2.3着になってくれたら「複勝馬券」がうまく補完してくれるという組合せなのです。

○ポイント○

『単勝』:『複勝』=『1』:『2』の比率で金額設定するのが基本。

複勝が『1.5倍』以上が見込める時に有効。

・勝てると思う馬がいる時に有効。

 

 

◆《馬連+ワイド》   おすすめ度[■■■■□]

 

この組合せにおいても、上記と同様に「馬連馬券」に対しての、保険として、「ワイド馬券」が活躍します。

基本的に『軸馬』1頭を、きっちりと絞り込めた時に、有効です。

○ポイント○

『馬連』:『ワイド』=『1』:『2』の比率で金額設定するのが基本。

・馬券購入枚数は、4点以下を目安として、買い方は下記のケースを参照。

 

1.馬連軸馬 A+B ・ワイド A+B

 

2.馬連軸馬 A+B、C、D ・ワイドA+B

 

3.馬連軸馬 A+B、C、D ・ワイドA+B、C、D

 

*上記は、オッズによって使い分けしてください。

「1.」が理想的な買い方。ただし、ワイドオッズが《4倍以上》見込める組合せの時は、「2.」の買い方を理想と考えます。

 

◆《馬単+3連複2頭軸流し》

              おすすめ度[■■■■□]

 

この組合せにて、馬券購入するためには、大切な前提条件があります。

馬連1点である程度自信を持てる組合せで、かつ、その馬連オッズが低オッズ(1倍台)であるような場合に有効な買い方です。

○ポイント○

・馬券の購入方法としては、以下が基本。

【馬単】  A→B 1点

【3連複】 A+B→C、D、E・・L(5〜10点目安)

 

 

 

単勝

複勝

枠連

馬連

馬単

ワイド

3連複

3連単

◇スポンサードサイト